講座概要

準備中です。暫くお待ちください。

 

主旨

名古屋芸術大学芸術学部教授の久保田進子教授の実践研究の成果を『NUA音楽療法研究会』の発足により、

①高齢化社会に対する社会貢献に資する
②音楽療法コースの認知拡大による学生増への波及を狙う
③クレアーレが新たな市場を開拓し、事業の拡大を図る

ことを主旨とする。

講座内容

すぐに実践できる ! 楽器やリズムを使った ♪ 認知症予防プログラム ♪

本学では、音楽学部の教授久保田進子による、運動以外のプログラムとして楽器やリズムを使った 認知症予防について実施東海地区を中心に各地で実施しております。

高齢化率が上昇し続けている中、認知症者は増加する一方です。

認知予防に対する取り組みは非常に重要な課題となっていますが、加齢や疾病の影響により、すべての高齢者が十分な運動を実施できるとは限りません。

本講座前半では座学を中心に音楽が人に及ぼす効果についての解説をDVD映像やパワーポイント資料を スクリーンに映し出し行います。

中盤から後半にかけては、簡単な音が出るものを利用して実践を交えた講義を行います。

誰でも家に帰ってすぐに実践できるような身近で手軽な、分かりやすいプログラムをご提供します。

受講対象者:高齢者や特に認知症の人に関わる家族、行政、医療・介護施設、NPO法人、医師会などの関係機関など

所要時間 :各講座 約 1時間30分~2時間 名古屋芸術大学芸術学部教授 久保田進子(くぼた のぶこ)


履修証明プログラム


リズムを用いた認知症予防ドリル

ページ上部へ戻る